おびひろ氷まつりの口コミ:雪の滑り台やスノーラフティング、北海道でしか体験できないお祭り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

おびひろ氷まつりの口コミ情報

スポンサーリンク

おびひろ氷まつりのおすすめ度

★★★★☆

おびひろ氷まつりの感想

積もった雪で雪像や氷の滑り台を作り、大人から子供まで楽しめるイベント。

氷の中を馬が人を乗せて馬車を引いて走ったり、ステージではちょったしたショー、売店では地元の名産品の豚丼や地元の物を使った料理を提供。
最終日の夜は花火が打ち上がる。

帯広市民にとっては、冬の大きなお祭り。

北海道でしか、体験できないお祭りなので楽しかった。
雪の滑り台や、雪の上で馬に引いてもらうなど、本州出身者は未体験だったので新鮮だった。
スノーラフティングは、人気で行列ができていたがとても楽しかった。

小さい子供がいる方は、雪でベビーカーが押せないので自宅からみなソリを持ってきて子供をソリに乗せて引いていた。

出店は地元の物を使ってる物が多く、ぶた丼の他にも、帯広の学生が作った乳製品、暖かい、カニ汁、ザンギ、有名な川西の長芋のポテトが美味しかった。
日によっては、先着でホットミルクやホットココアを配っているのでありがたい。

札幌雪祭りも行ったことがあるが、それよりは規模がとても小さいせいか、いても半日くらいで見終わる広さなので、駐車場も出入りが激しくスムーズに帰れてよかった。

札幌雪祭りは雪像に触るのは基本的に禁止だったが、こちらは等身大くらいの大きさの雪像ばかりなので近くで、写真を撮れてよかった。

ただ、防寒のテントがあるが狭くてあまり入れないので、食事は基本的には外の設置された椅子と机なので寒い。

スポンサーリンク

おびひろ氷まつりへの交通アクセス

市内に自宅があるので自家用車で行った。
駐車場は混雑するが寒いため1日いられないので、出入りがわりとあるので止められる。

帯広駅や帯広競馬場からも無料のシャトルバスがでている。
駅からだと10分、競馬場からだと15分程度で到着する。

これからおびひろ氷まつりに行く人へのアドバイス

雪で足元が悪いので、防水の靴は必須です。
ベビーカーも押せないので、小さい子供はソリを持ってきて引いた方が移動が楽そうです。

地元名物の豚丼は食べた方がいいと思います。

防寒のテントがありますが狭いです。
なので、寒さ対策は重要です。

氷点下なので、手袋や帽子もかぶっていかないと、寒くてとても痛くなります。
この時期の北海道は1日氷点下で、午後は3時くらいから暗くなるので、夕方行かれる方は特に防寒に気をつけてください。

(30代・女性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク