くろべ生地浜海上花火大会2018!見どころや屋台、駐車場など地元民が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

くろべ花火

黒部ダムが有名な黒部市。

その黒部市の生地浜で行われるのが、「くろべ生地浜海上花火大会」。

花火は約1500発と小規模ながらも、混雑し過ぎることもなく、近くで見られるので楽しめます。

しかも屋台は思ったよりも充実。地元産の新鮮な海産物を食べることもできます。

道の駅的なお土産屋さんもあるので、花火の前の時間も楽しめますよ。

そのあたりの詳しい事情を、地元民の私が紹介します。

まずは日程から確認しましょう。

スポンサーリンク

くろべ生地浜海上花火大会の日程

公式サイト

開催日程

以下の日程は、過去の開催日からの予想です。公式にはまだ発表されていません。
2018年7月28日(土)20:00~20:40

<過去の開催日程>
2017年7月29日(土)20:00~20:40

開催場所

富山県黒部市生地中区361

くろべ生地浜海上花火大会の屋台情報

屋台が集まっている場所は、2箇所にあります。

生地の商店街にも屋台が並ぶ

この花火大会は「えびす祭り」のプログラムの一部。

だから、お祭りのための屋台が、日中から生地の商店街通りに出ています。

この商店街通りは、花火大会が行われる海岸のすぐそば。

海岸沿いに商店街があります。その商店街に、昔からあるお店とお祭りの出店が、ひしめき合って並びます。

屋台は思ったよりも充実しているので、ちょっと早めに花火大会の会場についたら、ぜひ寄ってみてください。

個人的に美味しいとおもったのは、すっごい分厚いお好み焼きと、和牛串と、ドイツソーセージ。毎年出ているので、見ればわかると思います。

屋台

でもそれよりオススメなのは、生地の商店街に昔からある、鮮魚屋さんが出しているおつまみ。

鮮魚屋さんは商店街に2軒横並びなんですが、どちらもお刺身が新鮮で、スーパーで売っているものより美味しいです。

お刺身

焼き魚も美味しいので、おつまみにぜひ買ってみてください。

魚は目の前の富山湾からとれた地物なので、やはり鮮度が違いますよ。

ひとつ注意点があって、お刺身は地元の人向けなので、醤油が付いてません。だから醤油と箸は自前で用意しましょう。

海岸(生地浜)にも屋台がたくさん

花火会場となる海岸の方にも屋台が立ち並んでいます。

花火を打ち上がる時間が近くなると、人が多くて用意に屋台を回れなくなるので、打ち上げの1〜2時間前には巡っておきたいところ。

個人的には、商店街の方の屋台のほうがイケてるので、こちらでは買い物をしません。

次は花火大会の見どころについて。

スポンサーリンク

くろべ生地浜海上花火大会の見どころ

見せ場は水中花火

敢えて最大の見どころを挙げるなら、水中花火です。

水面ギリギリで爆発するので、距離感が近くてキレイにくっきり見えます。

できるだけ正面から見たほうがキレイに見えますよ。

爆発するポイントには、係留した筏のようなものが海に浮いているので、すぐ分かると思います。

花火はどこから見るのが一番?

くろべ花火

生地の海岸からは、わりとどこからでも見えますが、やはり正面が人気。

このあたりを取るなら、その日の午前には行かないと無理かなと。

そして3時間前ぐらいから、だんだん込みだして混雑してきます。

1〜2時間前に行く予定なら、防波堤の上に腰掛けるかたちで、座って見るのが一番眺めが良いと思います。

ただし屋台のそばだと、提灯や屋台の光が邪魔なので、そのあたりは避けましょう。

くろべ花火

6番という旗がたっているところが、だいたい正面。

直前に行く場合は、防波堤のちょっと手前から、立ってみるのがオススメです。

すこし見にくいですが、うちはいつもコレ。防波堤やら提灯、街灯が邪魔ではあるんですが、それでも上の方を見ていればキレイに見えます。

あと、子供はベビーカーに乗っけていきます。持ってるとおもすぎるので。

立ち見は疲れますが、直前まで席取りなどをして座り込む必要がないのと、正面から花火をみれるので、メリット多いですよ。

次は駐車場についての案内です。

くろべ生地浜海上花火大会の駐車場

駐車場の位置は公式サイトに詳しく乗っているので、そちらを参考にしてください。

駐車場は分散しているのですが、全体での駐車スペースは結構あるので、停めるところには困らないと思いますよ。

一番人気はおそらく海岸ギリギリのところ。生地灯台とか生地公園がある場所の近くです。

ここからは海岸がすぐそこなので、なにかと便利です。

次に人気があるのは、おそらく黒部漁港の近く。

早めについても、お土産屋さんと黒部港周辺のちょっとした散歩道を楽しむことができます。

こちらに停めると、近くにコンビニやスーパーもあるので、飲み物やツマミを買うのにも便利。

ちなみに「とれたて館」というお土産屋さんに売っている、昆布漬け刺し身がめちゃ旨ですよ。

これはお刺身を昆布で挟んで漬け込んだもので、このあたりの名物です。個人的にはクルマダイやヒラメ、ぶりの昆布漬が好きです。

挟まっているお魚は、当然すべて富山湾からの地元産ですよ。

まとめ

くろべ生地浜海上花火大会の見どころや屋台、駐車場について紹介しました。

正直なところ花火の規模はそこまでではありません。

わりとローカルな感じです。でも混雑しすぎないのと、ギリギリにいってもそれなりの位置で見れるのが、良いところです。

地元のお刺身はホント美味しいのでオススメ。昆布漬はぜひ一度食べてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク