2019冬のイルミネーションinとっとり花回廊の日程と見どころ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

イルミネーションとっとり花回廊

140万の電球が光る、中国地方で最大級のイルミネーション。

それが「冬のフラワーイルミネーションinとっとり花回廊」です。

そしてこの「とっとり花回廊」は、とっても広いんです。8万平方メートルに及ぶ園内。その隅々でイルミネーションが輝きます。

じっくり見て歩けば数時間はかかってしまう、そんな魅力あふれる冬のイルミネーションを紹介します。

スポンサーリンク

冬のフラワーイルミネーションinとっとり花回廊の開催日程と場所

公式サイト

開催日程

日程:2019年11月15日(金)〜2020年1月13日(祝月)
時間:日没後~21:00(最終入園20:30)

※入場料、大人700円、小中学生350円。

<過去の開催日程>
2018年11月9日(金)〜2019年1月14日(祝月)日没後~21:00
2017年11月10日(金)〜2018年1月16日(火)日没後~21:00

開催場所

鳥取県西伯郡南部町鶴田110 とっとり花回廊

冬のフラワーイルミネーションinとっとり花回廊の楽しみ方と見どころ

イルミネーションが盛りだくさん3時間コース

8万平方メートルの園内を、すべてをイルミネーションにしており、ライトアップされた花や樹木がとても綺麗です。

花をモチーフにしたイルミネーションや光のるトンネルなど、楽しい演出が盛りだくさん。

子供も楽しめるように、トラクターを利用した機関車もあります。その機関車で園内を隈なく巡ることもできます。

とっとり花回廊は上から見ると地形が円形状で、しかも平たんなんですね。ですので、どこにいても大半のイルミネーションが何処にあるかすぐに分かります。

しかし、園内はとっても広いので、イルミネーションがある場所に近づくのには時間がかかります。

子供連れだったり、ゆっくり歩きながら見て回ったりすると、3時間ぐらいかかりますよ。入園があまり遅くなると、回りきれないかもしれません。

クリスマスイルミネーション

とっとり花回廊のクリスマスイルミネーションは、クリスマス専用のオブジェが出たり、クリスマスツリーが出たりと、いつもより装飾が多くなります。

園内の中心にあるドームの中で、ゴスペルやクラシックのコンサートも開かれます。

イルミネーションを見て、コンサートを鑑賞するなんて、とても素敵なクリスマスの過ごしかたですね。

また、12月の下旬は雪が降る可能性が高いので、ホワイトクリスマスになるかもしれません。

毎日打ち上げられる花火

とっとり花回廊ではイルミネーションだけではなく、毎日19時から200発の花火が打ち上げられます。

イルミネーションと花火の光のコラボがとっても綺麗ですよ。

ただし花火の規模は小さめですので、期待し過ぎないでください。

お正月やクリスマスは打ち上げる花火の数が増えるようです。

終末は屋台あり

終末になると屋台村が開きます。

屋台村ではテーブルやイスが用意されていますので、好きな食べ物を買って、座って食べることができます。

ただし野外なので、とっても寒い。

1番人気はラーメンです。私もラーメンを食べましたが体の底が温まってホッとしました。

その他にも定番の、焼きそば、たこ焼き、唐揚げ、ホットドックなどがありました。

服装についての注意点

イルミネーションとっとり花回廊

鳥取県の冬はとても寒く、雪が積もる地域なので、厚手の冬服でいく必要があります。

気温がマイナスになることもありので、十分注意してください。

とても寒い日には、休憩して温まることができるスポットも。それは、園内の中心にある熱帯植物を栽培しているドームです。

ドームの周りは歩くこともでき、1周する間に3箇所休憩する場所があります。

休憩場所には暖房のきいた部屋があって、そこで温まることもできますし、季節ごとの花を見学することもできますよ。

体が冷えてしまったときは、休憩場所に立ち寄ってみてください。

とっとり花回廊周辺

とっとり花回廊の周辺にはお店がありません。

ただ、車で来る方は、途中に大山やお菓子の城(寿城)、日吉津のジャスコなどがあります。

イルミネーションが始まるまでの、時間つぶしには最適です。

スポンサーリンク

冬のフラワーイルミネーションinとっとり花回廊の混雑状況

とっとり花回廊のイルミネーションは鳥取県の中で一番大きく、山陰地方においても一番大きなイルミネーション。

しかしながら、交通の便がとても悪いので、そこまで混雑しません。

ただし、クリスマスやお正月は非常に混雑しますので、中止してください。

それと、鳥取県の山の方にありますので、雪が積もっても渋滞することがあります。

雪が降った日は、イルミネーションが始まる前に行かいないと、渋滞に巻き込まれてしまいますよ。

だいたい17:00過ぎから、ぐっと人が増える気がします。

とっとり花回廊へのアクセス状況

電車の場合

JR山陰本線「米子駅」から無料シャトルバスが出ています。シャトルバスで約25分。

車の場合

米子道溝口ICから約10分。2000台停まれる無料駐車場がああります。

地元の方でないと、ちょっと行きにくい道です。

案内の小さな看板が立ってますがも、見えにくいのであまり役に立ちません。

あとこのあたりは雪が降る地域なので、冬はスタッドレスタイヤを履いて行きましょう。

まとめ

近年ますます人気が出ているのか、使用する電球の数が毎年増えています。

行ったことがある人も、また新しい光の景色を楽しめるかもしれません。

とっとり花回廊の冬のフラワーイルミネーションは、イルミネーション好きにはたまらないイベントです。

ただ、冬の夜のイベントですので、雪が積もった場合など帰り道が不安ですね。

遠方から訪れる場合は、周辺のホテルを押さえておいたほうが、ゆっくり楽しめると思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク