2017麻布ハロウィンの楽しみ方!麻布十番商店街のスタンプラリーも見逃せない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ハロウィン

日本でもじわりとハロウィンが広まってきました。

とはいえ玄関先で、

Trick or Treat!
(お菓子をくれなきゃ悪戯するぞ!)

と言われても、まだまだ通じない人も多いのではないでしょうか?

ここ麻布は外国人の多い街。この街ではハロウィンに参加している家が多く、外国人と一緒にハロウィンを楽しめます。

ハロウィンいうと六本木のほうが有名ですので、ここ麻布は穴場

今回はこっそり麻布のハロウィンを紹介します。

スポンサーリンク

麻布ハロウィンの開催日程と場所

開催日程

日程:2017年10月31日(ハロウィン)

時間:16:00〜お菓子がなくなり次第終了

開始時間は特に決まっていませんが、例年16:00に行くとまだ開始してないお家、お店が多いです。18:00からのところもあります。

開催場所

場所:港区元麻布、元麻布ヒルズから有栖川宮ベースボールフィールドの近隣マンション、プリスクール、大使館、幼稚園、個人宅

麻布ハロウィンの楽しみ方

ハロウィンコスチュームをまとった子供達が

Trick or Treat!

と言いながら、家々をまわってお菓子を貰います。

大きなマンションのロビー、マンション入り口、一軒家の軒先きで貰うことが多いですが、中には一軒家やプリスクールをお化け屋敷のようにデコレーションして、開放しているところもあります。

土地柄、大使館がとても多く外国人の家庭がたくさんあります。ここでは本格的なハロウィンデコレーションを楽しめます。

大人は家の中に入ることが出来ないので、外で待ちぼうけです。ちょっと子供が羨ましい。私にもお菓子ください!(笑

ハロウィンに参加している家の見分け方

halloween04

この辺りには大きな看板などが出ておらず、穴場のハロウィンです。

家をハロウィンデコレーションしていなくても、ハロウィンに参加している家やマンションは、ドアにかぼちゃのマークが貼ってあったりします。ドアベルを鳴らしてみましょう。

ただし、全く参加していない家も多いので、かぼちゃマークやハロウィンデコレーションの無い家には、迷惑かけないようにしましょう。

毎年ハロウィンには、常連さんがたくさん参加していますので、みんなが歩いていく方向へ一緒について行けば、どのあたりでハロウィンをやっているのか分かります。

配るお菓子が終わり次第、ハロウィンは終了するので、あまり遅くにいくと、何もないことがあります。

「Trick or Treat!」

(・∀・)カエレ!

遅くなり過ぎないように注意しましょう。

スポンサーリンク

麻布ハロウィンの混雑状況

毎年大人気の家は、常連のハロウィン参加者に口コミで広まっているので、人が大勢押し寄せます。

たくさんお菓子をくれる家、ハロウィンデコレーションしている家は、家の中に入るのに並んでいることもあります。

それでも、ものすごく混んでいるなんてことはありません。

麻布ハロウィンへのアクセス情報

駐車場は近隣にありますが、料金が高いです。

地下鉄日比谷線「広尾駅」から徒歩10分

地下鉄南北線・大江戸線「麻布十番駅」から徒歩10分

麻布十番のハロウィンを味わい尽くす

ハロウィン

麻布十番商店街ハロウィンスタンプラリー

ハロウィン当日だけではなく、その週末に麻布十番商店街主催ハロウィンスタンプラリーパレードがあります。

これは日時が決まり次第、麻布十番商店街のHPで告知されます。

今年はまだ発表されていませんが、以前は麻布十番パティオ広場で整理券を配るので、子供達は整理券をもらうために並びました。このイベントは小学生まで子供が参加できます。

整理券を貰った後は、指定された時間に広場へ行き、スタンプラリーカードを貰います。このスタンラリーカードを持って、地図に描かれているところにハロウィンパレードしながら歩いてお菓子を貰うことになります。

このお菓子の豪華さが口コミで有名になり、年々参加する親子が増えています。中には地方からこのハロウィンイベントに参加する人もいるようです。

ハロウィン当日は電車の中でもコスチューム着た人が多いです。みんなで着れば怖くない!

麻布十番は外国人と芸能人が多い

ハロウィンは外国のイベントですね。麻布は外国人がたくさん住む街ですので、本格的に楽しめます。

大人が楽しめるイベントもたくさんあり、夜遅くなると、コスチュームを着た大人が街を歩いています。

麻布は言わずとしれた芸能人の多い街です。芸能人に遭遇することもたくさんありますよ。

麻布の有名な食べ物

昔ながらのお店がたくさん並んでいます。

麻布かりんと、豆屋さん、麻布十番稲荷寿司など、麻布ならではお菓子、食事も楽しみましょう。

まとめ

ハロウィンというと川崎や六本木が有名ですが、穴場を狙ってみるのもいいですよ。

今年は親子で仮装してハロウィンに参加してみてはどうでしょうか?

ハロウィンに参加しなくても、ハロウィンパレードを見ているだけでも楽しいですよ。

とろこで、「Trick or Treat」と言われて、お菓子をあげずに悪戯を選択する人いるんですかねぇ?(笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク