2019浜松マイン・シュロスのイルミネーション点灯予定!見どころや混雑状況も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

浜松マインシュロス

浜松にはドイツの古城をイメージしたお城が建っています。

その名もマイン・シュロス。ドイツ語で「私のお城」という意味。

高い城壁に囲まれた大きな建物は、遠くからでも目立ちまくりです。

その内側には広い中庭があり、さらに奥には地ビール工房とレストランがあるという、好き者が作ったやりたい放題のお城。

今回はその中庭で、毎年キレイに飾り付けられる、地元民オススメのイルミネーションのご紹介です。

スポンサーリンク

浜松マイン・シュロスのイルミネーション開催日程と場所

公式サイト

開催日程

毎年、11月第1土曜日〜2月下旬に開かれます。

※以下は過去の日付からの予想です。正式にはまだ発表されてません。
日程:2019年11月2日(土)〜2020年2月29日(土)
時間:日没(17:00頃)〜23:00

<過去の開催日程>
2018年11月3日(土)〜2019年2月28日(木)日没(17:00頃)〜23:00

毎週月曜が定休日ただし祝日の場合は営業。

貸切予約が入っている日もありますので、ホームベージや電話で問い合わせしてください。

開催場所

場所 静岡県浜松市中区中央3−8−1

浜松マイン・シュロスのイルミネーションの見どころ

地元の人はもとより、近隣県からもイルミネーションを見に来る人が大勢います。

イルミネーションは、社長の挨拶、お客さんのカウントダウンで点灯。毎年イルミネーションのテーマが決まってます。

今年はどんなテーマなのか、今から楽しみです。

マイン・シュロスのイルミネーションは2箇所。メインの中庭、そして北側にあるヨーロッピアンガーデンです。

メインの中庭

浜松マインシュロス

中庭にはドイツのヴィルヘルムスヘーエ公園を模した噴水と、季節によって植え替えしている花が咲き誇っています。

中庭はテーマに基づいて装飾されますが、その中心には噴水と花が。毎年装飾は違いますが、いつも幻想的な空間に迷い込んだ感覚がして、繰り返し訪れてしまいます。

イルミネーションが好きな人であれば、この中庭でうっとり過ごしているうちに、あっという間に時間がたつことでしょう。

北側のヨーロッピアンガーデン

ヨーロッピアンガーデンはさほど大きくはないですが、見応えは十分。毎年ガーデニングでとても有名な地元の業者さんに協力してもらい、イルミネーションを飾っているようです。

最近では様々なLEDを使い、最大11〜12万個のライトを使うなど、どんどん規模が大きく派手になっています。

通常イルミネーションはクリスマスで終了なところが多いですが、マイン・シュロスは2月末まで開催。

地元の人達はこのイルミネーションを毎年とても楽しみにしています。

レストラン内部

レストラン内の設備は、全てドイツから直輸入したテーブル、椅子、電灯。

メニューもソーセージやハムなどのドイツ料理をメインに、お子様ランチなど子供向けも用意されてます。

ピザは店内にある大きな石窯で焼く本格派。とても人気があります。

スポンサーリンク

浜松マイン・シュロスへの混雑状況

繁忙期はとっても混んでいます。

特に12月は忘年会、クリスマス会がありますので、予約でいっぱい。12月は早めに予約をしないと入れません。

ただ、イルミネーションは中庭にありますので混雑しませんよ。

美味しいドイツ料理とビールを食べたあとに、イルミネーションを見るのが贅沢です。

浜松マイン・シュロスへのアクセス情報

浜松駅より徒歩7分。

浜松ICより車で20分(※飲酒運転に注意)。

浜松マイン・シュロスの楽しみ方

普段からのガーデニング

イルミネーションも綺麗ですが、マイン・シュロスは1年を通して、ガーデンに力を入れています。

ガーデニングの専門家からアドバイスを貰い、季節ごとに咲く綺麗な花を植えているとのこと。

イルミネーションの無い季節に訪れても、ガーデンを楽しめます。

中庭には売店もあり、ドイツから直輸入しているドイツ製品、ナイフ、ソーセージ、地元を代表するお菓子などが売られています。

地ビール工房なので

地ビール工房ならではの地ビールも販売。

できたて新鮮の地ビールをピッチャーに入れて、地方発送もしています。お店で飲んで美味しかったビールを自宅で、そしてお友達にも送ることができます。

マイン・シュロスは300席近くある大きなビアホール。お子様用の椅子、お子様ランチなども提供しているので子連れでも入りやすい。

喫煙ルームがあるので、タバコを吸われる方も心置きなく過ごすことができる店内です。

寄り道するなら

レストランから徒歩1分のところには、楽器の街浜松らしく、楽器博物館があります。

浜松の楽器博物館は、よくある小規模な博物館ではなく、なんと1300点もの楽器を扱っている大きな博物館なんです。

アフリカやオセアニアの珍しい楽器も揃っているし、体験コーナーもある。日に寄ってはミニコンサートのようなイベントもあるので、十分楽しめる博物館ですよ。

このあたりには、ホテルも多いです。マイン・シュロスで美味しいビールを飲んで、楽器博物館周辺のホテルに泊まると便利です。

そしてその先には、地元の人もたまに行くポイント。アクトタワーという45階建てのタワーがあります。

上の展望デッキから見るイルミネーションは、また違う見え方がして綺麗ですよ。

まとめ

浜松にそびえ立つドイツのお城の形をしたマイン・シュロス。

その城壁に囲まれた中庭は美しいガーデンと冬季にはイルミネーションが。

美味しい地ビールを飲み前後不覚になったところで、綺麗なイルミネーションを見るのが素敵です。

浜松の夜をドイツ料理で過ごすのも良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク