2018ところざわまつりの日程!見どころや混雑状況も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

所沢まつり

都心からもほどほどの距離で、年々人気が高まっている「ところざわまつり」。

我が目を疑うようなサンバカーニバルや動かない山車など、特徴的なイベントがあります。

個人的には、はるか彼方まで続いているかのような屋台の並びが一押し。この屋台の並びは、B級グルメの宝庫です。

ところざわまつりの特徴や見どころを、地元に住んでいた私が紹介します。

スポンサーリンク

所沢まつりの開催日程と場所

公式サイト

開催日程

※以下の日程は予想です。公式な開催日程はまだ発表されていません。
日程:2018年10月7日(日)
時間:10:00〜21:00

例年通りなら前日の土曜日13:00から前夜祭があります。

<過去の開催日程>
2017年10月8日(日)10:00〜21:00
2016年10月9日(日)10:00〜21:00

開催場所

埼玉県所沢市 所沢駅西口〜昭和通り

所沢まつりの由来

「ところざわまつり」は、明治初期に起こったお祭りといわれています。

「ところざわまつり」は山車が中心。山車に欠かせない囃子については、古谷重松(ふるやじゅうまつ)という大國魂神社の流れをくむ笛の名人から、教えられたとされています。

この名人は足で太鼓を叩いたとのこと。

そしてこの「重松流祭囃子」は楽譜になっていないので、すべて口伝で伝えられています。基本となるリズムはありますが、あとはジャズのように即興でアドリブをきかせて演奏するのだとか。

時代によってどんどん曲が変わってそうですね。

スポンサーリンク

所沢まつりの楽しみ方と見どころ

秋のイベントなので熱中症の心配がなく、過ごしやすい気温の所沢を楽しむことができます。子供連れや高齢の方にも、オススメできるお祭りです。

開会式の鏡割りで使われた振舞酒をいただくことも出来ますよ。

サンバカーニバル

所沢まつりにはパレードがあるのですが、そのなかでもサンバカーニバルは必見。

派手な衣装の日本人?ブラジリアン?がパレードで激しく踊り狂います。水着に羽根が生えているようなド派手な衣装です。

まさか地元のお祭りでサンバカーニバルが見られるとは思っていなかったので、すこし異様な雰囲気も漂いますが、異国に来たような気持ちを味わえました。

御神輿の巡幸と曳っかわせ

商店街を迫力満点の御神輿が巡航します。

御神輿の数は10基。その中には女性だけの神輿もあって、よく通る声で御神輿を担いでいます。子供が作る「手作り神輿」も登場します。

一番の見どころは「曳っかわせ」。

2つの山車が近づいて、囃子や踊りを披露し合います。2つの山車がそれぞれ別の囃子と踊りで競い合う空間は、いかにも日本的な温和な雰囲気で、私はとても気に入ってます。

動こない山車

重松流祭囃子(じゅうまつりゅうまつりばやし)は、移動しない山車のうえで祭り囃子が演奏されます。

なぜこの山車は移動を諦めてしまったのか・・・。

素人でも、変わっている山車だということが一目で分かります。

バザーやフリーマーケット

所沢のマスコットキャラクターで大人気の「ところん」も登場。

所沢が日本の航空機の発祥の地だということで、頭にはプロペラがついていて、とっても愛らしいキャラクターです。

ところんがデザインされた車も展示されていて、子供達が喜びそうです。

所沢まつりといえば出店

所沢まつりといえば、出店と言うぐらい凄い数です。

なんと出店が、所沢駅から西所沢駅方面まで歩く間の15分くらいずっと続くのです。

かなりの距離を、出店が埋め尽くす光景にはビックリ。よく見ると地元の商店やコンビニまでもがこぞってお店を出しています。

出店の種類を見て回るだけで、ワクワクさせてくれるお祭りです。

屋台の商品はリーズナブルで所沢値段。みかん飴を50円で食べられるお祭りは、そうはないんじゃないでしょうか。

「じゃんけんでに勝ったらもう一つ」というお店も多いです。

子供だけで行っても安心、大人も童心に戻って楽しめちゃいます。お散歩がてら、所沢駅から西所沢駅まで歩いて、屋台を満喫するのがオススメコースです。

所沢まつりの混雑状況

メインとなる通りはかなり混雑しますが、ほとんどが地元の人。

だから所沢駅周辺は、都内のお祭りのときほどは混雑しません。所沢駅から行くのも良いですが、一つ隣の西所沢駅で降りて、そこから逆に攻めていくのも一つの方法です。

所沢まつりへのアクセス情報

電車の場合

西武池袋線「池袋」駅から約30分、西武池袋線「所沢」駅すぐ。
西武新宿線「西武新宿」駅から約40分、西武新宿線「所沢」駅すぐ。

車の場合

関越自動車道所沢I.C.から車で約25分。

埼玉県内からは車が楽ですが、10:00~21:00までは商店街や所沢駅西口駅前に交通規制が敷かれます。

車で来る場合は早めに現地に到着して、駅前の駐車場を利用するのがオススメ。

お祭りが始まってからは、隣駅など少し離れたところに駐車して、歩くと良いと思います。

まとめ

「ところざわまつり」は交通の便が良いので、電車で行って気軽にお酒を呑むことができるお祭りです。

都内に住んでいる人には、とても参加しやすいお祭りですね。

友だちと行って、早い時間からお酒を片手に屋台を回るのも楽しいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク