2018離島フェアの日程!島の特産品やグルメ屋台、混雑状況を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
離島フェア

© OCVB

離島フェアを楽しみにしている人って、多いんじゃないでしょうか。

なんといっても私もその1人。毎年11月の4週目は離島フェアの予定が入っています。

離島フェアは、産業まつりと並ぶ沖縄の食のフェスティバル。企業ブースと屋台が揃った大きな物産展なんです。

普段お目にかかれない離島の食品、特産品が勢揃い。

離島フェアは離島グルメが盛りだくさん!

スポンサーリンク

離島フェアの開催日程と開催場所

公式サイト

開催日程

※以下の日程は予想です。公式な開催日程はまだ発表されていません。
日程:2018年11月23日(金)〜11月25日(日)
時間:10:00〜19:00

※11月23日は9時30分から開会式。

<過去の開催日程>
2017年11月17日(金)〜11月19日(日)
2016年11月25日(金)〜11月27日(日)
2015年11月21日(土)〜11月23日(月)

開催場所

沖縄県那覇市奥武山町42-1 沖縄セルラーパーク那覇 地図アイコン

離島フェアの楽しみ方と見どころ

昨年度は、沖縄県内の18の離島の市町村からなんと128社も参加し、1032品目を並べました。

沖縄セルラーパークの屋内には、所せましとブースが立ち並んでいます。もちろん来場者数もそれなり多いので、少し混むのは諦めてください。

本当にブースがビッシリ。

離島グルメを試食しまくり

離島フェア

© OCVB

沖縄には大小さまざまな離島があります。

沖縄県人でも全ての離島を周った人は、そう多くはないはず。

最近では、沖縄本島でも離島のグルメを楽しめるお店が増えていますが、まだまだ知らない物、味わえないものがたくさんあります。

この離島フェアなら、離島に秘められたグルメがずらっと並びます。試食も積極的に行われていて、ブースをいくつも廻っているうち試食だけでお腹いっぱいに。

ほんの一部ですが、どんなものがあるのかというと以下の感じ。

  • うずまきサンド
  • 水納島のグアバジャム
  • マグロジャーキー
  • 大東寿司(喜作乃島)
  • ミソクッキー
  • 長命草らすく(与那国島)
  • まぐろのなまり節(宮古島 伊良部産)
  • 石垣牛餃子
  • 黒糖入り黒豆あんぱん

その中でも過去に優良特産品になった、以下の特産物は見つけ次第、味見してみてください。

  • 津堅にんじんサイダー(無農薬人参とシークヮーサー入)
  • もずくキムチ
  • 牛トロ燻製(石垣和牛)
  • 石垣島産パイナップルの中濃ソース
  • いえぎょうざ(島らっきょ入り餃子)
  • 石垣島プリン(じーまみーどうふ)
  • ケッサン(伊江島の小麦のチップス)
  • イエラムサンタマリア(ラム酒)
  • 島のタルト(マンゴーと黒糖)

他にもまだまだあるのですが、とても紹介しきれません。それと毎年販売物が変わるので、いつも同じものが買えるわけでもありません。

ここで紹介したものも、既に無いかも。

珍しくない何処にでも売っている商品であっても、詰め放題コーナーがあるのは面白いですね。もずくや黒糖など、詰め放題を必ずやってます。サービスし過ぎな気がするのですが、利益の方は大丈夫なのでしょうか。

試食でお腹が落ちついたら、変わり種のブースも見てみましょう。

変わり種ブースに寄ってみる

kokiさん(@koki_oki)が投稿した写真

よーく見て歩くと、ポストカードを配っていたり、貝殻のストラップが作れる体験工房ブースがあったりします。

島の素材だけで作る作品は、記念のお土産になりますね。

異彩を放っているのが『ウミヘビの燻製』。久高島のブースには、真っ黒に燻製されたウミヘビが、くるくるっと丸められて店頭に並んでいます。

ウミヘビは沖縄ではイラブーと呼ばれ、イラブー汁にすることで有名。滋養強壮にものすごく効果があるそうなのですが、見た目にもちょっと苦手です。

ウミヘビで思い出したのですが、過去にはニシキヘビの皮が展示されていたこもありました三味線にするための素材なのですが、ニシキヘビの皮が丸一匹分が飾られてました。結構な大きさで迫力。

変わり種を見たところで、次は何か飲みたいですね。

泡盛が好きな人は見逃せない


琉球泡盛の各企業ブースでは、泡盛の試飲、販売を行っています。特に離島でのみ製造販売される泡盛は人気があります。

沖縄本島では見たことのない銘柄の古酒がズラリ。

私はあまり呑まないのですが、泡盛好きの話では良いところの古酒はアルコールがトロリとして美味しいのだとか。度数も60度以上のものが良いとのこと。離島フェアでは60度以上の古酒が揃っていました。

離島フェア限定のお酒もあります。

沖縄=泡盛のイメージが強いと思いますが、実は焼酎もあります。北大東村産のジャガイモ(ニシユタカ)を使って作った焼酎でその名も「ぽてちゅう」。

ぽてちゅうGETだぜっ!(*´ω`*)

その目新しさもあり、在庫が一時なくなるほどの売れ行きでした。

ほろ酔いなったところで、お腹が空いちゃいました。人間の欲望にきりはないのです。次は離島食堂に行っちゃいましょう。

野外には離島食堂が立ち並ぶ

離島フェア - 離島食堂

© OCVB

沖縄セルラーパークの屋内では、ブースで試食したり、その場で食べることもできるのですが、座って食べたいですよね。

その点、野外に立ち並ぶ離島食堂(屋台)では、しっかり飲食用のスペースが用意されていて、テーブルと椅子で落ち着いて食べることができます。もちろん屋内で買ったものも食べられますよ。

屋台とはいえ離島ならではの本格的なグルメがそろっています。

なかでも目を引くのは、

  • ヤギ汁
  • イラブー汁
  • イカスミ餃子
  • アイザメ唐揚げ
  • マグロカツ丼
  • モズク鶏メンチカツ

この辺りですね。

モズク鶏メンチカツを食べてみました。メンチの中にモズクが混ぜ込んであります。これがモズクの味がして、案外、美味しかったですね。

前から食べたかった北大東島のじゃがいもそばも食べてみました。見た目はただの沖縄そばと変わらないけど、麺が普通のものよりモッチリ。その他にも、かぼちゃそば、月桃そばなどがあります。

今まで食べる機会に恵まれなかった、鶏そば一番地の「八重島そば」も頂きました。コシがしっかりとある麺に、アッサリとした綺麗に透き通ったスープが美味しいです。トッピングにのっている三枚肉の味もナカナカ。

お腹がふくらんだところで、野外のステージを覗いてみましょう。

野外ステージのイベント

離島フェア - 野外ステージ

© OCVB

野外では琉球舞踊や伝統芸能、島唄、民謡、ラジオの公開生放送が見られる特設ステージが用意されています。

普段聞いたことのない島唄や民謡を聴くことができるこのステージ。沖縄のローカルなアーティストや歌い手が、三味線を片手に島唄や民謡を歌ったりします。

ほろ酔いのなか、沖縄のゆるやかな雰囲気を感じることができてほっと一息。

島唄や民謡で盛り上がってくると、カチャーシー(沖縄の手踊り)を踊り出す人達も。沖縄では良く見る光景ですね。

離島グルメを味わいながら、ステージを楽しみます。

いろいろ楽しい離島フェア、混雑状況はというと・・・。

スポンサーリンク

離島フェアの混雑状況

離島フェア - 離島食堂

© OCVB

毎年3日間で、12万人近くを動員するイベントに育っています。

ドーム内はとても混雑していて、特に休日のお昼時はすごい混雑。ぼ〜っとしていると人の波に流されてしまいます。館内放送では子供の迷子が多発しているのが分かります。

ぼ〜っとしている人多いですから。(笑)

離島フェアへのアクセス情報

車の場合

那覇軍港の臨時駐車場が用意されています。駐車場から離島フェア会場までは、シャトルバスが運行予定。

奥武山公園周辺の駐車場は、朝早くいかないと取れないそうですよ。

電車の場合

モノレール「奥武山公園駅」から3分。または「壺川駅」から5分。

まとめ

離島フェアは、実は大きな物産展でした。ふだんは目にすることができない離島の特産品が数多く揃っていて、みんな楽しみにしています。

毎年けっこう買い込んでしまいますが、後悔はありません。

最終日は売り切れで早めにクローズしてしまうブースがありますので、早めの来場がオススメ。

土日に行く場合は、ものすごく混雑するので覚悟してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク