2017『嵐山花灯路』の日程!見どころや混雑状況も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

a-hanatoro03

嵐山花灯路(あらしやまはなとうろ)は嵐山・嵯峨エリアの文化遺産や自然景観を活かした和のイルミネーション

日本人に生まれて良かったと実感できる、情緒あふれるイベントです。

嵐山・嵯峨エリアの路地には無数の行灯(あんどん)が用意され、観光客の足元を照らします。寺院や神社、竹林、橋などが華麗にライトアップされ、これらのスポットを散策するのが定番のコース

文化施設は夜間にもかかわらず拝観できます。

昼間とは全く違う、夜の嵐山・嵯峨エリアを楽しんで下さい。京都在住の私がご案内します。

それでは開催日程から確認していきましょう。

スポンサーリンク

嵐山花灯路の開催日程と場所

公式サイト

開催日程

※以下の日程は予想です。公式な開催日程はまだ発表されていません。
日程:2017年12月8日(金) 〜 12月17日(日)
時間:17:00 〜 20:30

※雨天でも「灯りと花の路」「いけばなプロムナード」は実施。

<過去の開催日程>
2016年12月9日(金) 〜 12月18日(日)
2015年12月11日(金)~ 12月20日(日)

開催場所

嵐山花灯路の楽しみ方と見どころ

嵐山・嵯峨エリアの広い範囲で開催されます。

行灯が照らす夜道「灯りと花の路」

観光客の足元を、露地行灯(ろじあんどん)が照らします。和紙越しの行灯の光は、12月の寒い夜にも関わらず、どことなく暖かみを感じます。

阪急嵐山駅〜JR嵯峨嵐山駅〜二尊院を直線で結んだ範囲内に、露地行灯が置かれています。昼間に歩いたときとは雰囲気が違うので、一度歩いた路地でも、楽しく夜の散策をすることができますよ。

幻想的なオブジェ「いけばなプロムナード」

※プラムナードはフランス語で、散歩道・遊歩道の意味です。なら散歩道って言えばいいじゃんと思ったのは言わない約束。

「灯りと花の路」の道沿いに、自分の背丈ほどはあろうかという大きな生け花がライトアップされています。一つ一つが独創的に生けられていて、まるで美術館の展示のようです。

普段お目にかかれない、輪切りにした大根だけで作られた生け花、なんていう変わり種作品も見かけました。

幻想的な「竹林の小径(こみち)」

嵐山花灯路で、一番人気のスポットが竹林の小径(小径)。野上神社から大河内山荘へ抜ける小径に林立する竹林が、ライトアップされます。

昼間は青々とした清涼感あふれる竹林ですが、ライトアップされると黄金色に染まります。黄金色の竹林に囲まれ、この小径がどこまでも続いているような景観。

ゆっくり楽しみたいところですが、嵐山花灯路に訪れる観光客のほとんどがこの竹林を目指し、道幅の狭い小径に集中してしまうため、大変混み合います。

ライトアップ直後、消灯直前など比較的空いている時間に狙うのがおすすめです。撮影をするのなら平日がおすすめです。平日は比較的人が少ないので、カメラを構えている人の姿も多いですよ。

嵐山の名所「渡月橋」もライトアップ

a-hanatoro01

嵐山花灯路で、2番目に人気のあるスポットが渡月橋

ライトアップされた渡月橋は黄金色に輝き、背景の山々は青紫に照らしだされます。その輝きが下を流れる大堰川の川面に反射してグラデーションを作り、まるで一枚の絵のような感じ。

大堰川を背景に渡月橋を写真に収めると大変きれいです。

渡月橋は人気スポットだけあって、観光客も集まりやすく、土産物屋の店員の呼び込みや、人力車の勧誘が盛んでちょっと面倒です。

法輪寺のD-K Live

法輪寺では映像アーティスト・長谷川章さんによるD-K Liveが行われています。毎年恒例のイベントで、お堂に向かって「プロジェクションマッピング」が行われます。

プロジェクションマッピングとは、簡単に言ってしまえば立体物への映像の投影のことです。ちなみにD-K Liveとは、「デジタル掛け軸ライブ」の略。

法輪寺は、十三参りで全国的に有名なお寺なんですが、こんなことをやっちゃうなんて、はっちゃけてますね!境内の静けさとは裏腹に、お堂に映し出された色彩が鮮やかです。

散策コースの中でも、渡月橋を越えた端の方にあるので、他の場所に比べて穴場になっています。

法輪寺は山の中腹にあるので、嵐山の市街が一望できる夜景の名所。渡月橋まで来たら、せっかくですので法輪寺に寄ってみてください。

散策エリアは少し広め

嵐山花灯路は、夜の嵐山・嵯峨エリアを、路地行灯の光をたよりに散策し、ライトアップされた寺院や神社、竹林などのスポットを巡るイベントです。

夜道ですので、足腰に不安のある方、体力に自信のない方、子連れの方は、予め散策するコースを決めておくことをお薦めします。思ったより広い範囲ですので、行き先を絞っておくのも良いと思います。

歩き回って疲れてしまったら、嵐山駅周辺に出ている屋台で休憩するのも楽しいですよ。

嵐山花灯路に行く方へ

arashiyama02

嵐山花灯路がライトアップするのは、17時と薄暗くなってからです。少し早めにいって、ぜひ昼間の嵐山を訪れて、昼間とライトアップされてからの嵐山の表情の違いを楽しんでください。

昼間の竹林の小径など、青々と立派にそびえる竹林を見た後に、ライトアップされた黄金色の竹林を見ると、また違った趣がありますよ。

それでは混雑状況を見てみましょう。

スポンサーリンク

嵐山花灯路の混雑状況

紅葉のシーズンに見られる大混雑の嵐山と比べると、いささかましに思えますが、嵐山の冬の一大イベントですので、かなりの観光客が訪れます。特に竹林の小径や渡月橋など、人気スポットには大勢押し寄せます。

ゆっくり見て回りたいのであれば、休日であればライトアップ直後や消灯寸前、または平日がおすすめです。

アクセス情報を見てみましょう。

嵐山花灯路のアクセス情報

嵐山地域一帯で開催されているため、様々なアクセス方法があります。
京都駅からのアクセスはJRの利用が、繁華街の四条エリアからのアクセスは阪急の利用が便利です。

電車の場合

・JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」下車
・阪急電鉄嵐山線「嵐山駅」下車
・京福電鉄嵐山線「嵐山駅」下車

バスの場合

・市バス28系統「嵐山天龍寺前」下車
・京都バス71、72、73、83系統「嵐山」「野の宮」「大覚寺」下車

車の場合

京都市営駐車場(清滝道三条)に停めることができます。期間中、二尊院から京都市営駐車場へ、無料ジャンボタクシーが運行されます。

まとめ

年々観光客が増えている嵐山花灯路をご紹介しました。

12月の京都はとても冷えるので、厚手のコートなど防寒対策をしっかりとってください。

3月には東山エリアで、東山花灯路が行われます。こちらも人気のあるイベントで大変混雑しますが、嵐山花小路と同じように素晴らしい和のイルミネーションが楽しめますので、おすすめのイベントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク