みなとこうべ海上花火大会の混雑しない穴場スポット4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

みなとこうべ海上花火大会の写真

関西でも屈指の規模と人気を誇る、みなとこうべ海上花火大会。今から楽しみでしかたありません!

やっぱり気になるのは混雑ですよね。過去には約29万人が訪れていますので、今年も大変な混雑が予想されます。

メリケンパークやホテルオークラ近くは花火がよく見えますが、それだけに人が多く、到着が遅いと立ち見になることも。

でも、みなとこうべ海上花火大会は、名前のとおり海の上で花火を打ち上げるため、障害物が少なく、広範囲から見えるのが特徴。

いろんなスポットから花火を見ることができるんです。

できるだけ混雑を避けて花火を楽しみたいなぁと思っている人に、地元民が花火を楽しんでいる穴場スポットを、こっそり紹介しちゃいます!

スポンサーリンク

みなとこうべ海上花火大会で、混雑の少ない穴場スポット4選

ポートアイランドの北公園

ポーアイの通称で親しまれている、ポートアイランドの北公園付近。

スペースが広く、ゆっくり座って花火を鑑賞できる良スポットです。ハーバーランドの夜景が一緒に楽しめるのも、また素敵!

ぜひレジャーシートを持参して、花火と夜景のコラボレーションを楽しみましょう。

ただ、ポートアイランドには出店がほとんどないので、食事は済ませておくか、あらかじめ買い出ししてから来たほうが良いです。

通常は車で来るのが便利な場所ですが、花火当日は駐車できない可能性が高いので、ポートライナーの中公園駅から歩いたほうがいいかもしれません。

ポートライナー線ポートターミナル駅直結の第4突堤

お子様連れなら、ポートターミナル駅直結の第4突堤。

フェリーの駅が真横にあるので、暑くなったらクーラーの効いた構内で涼めるし、トイレも綺麗で使いやすい。

ただし、最後までいると帰りの混雑に巻き込まれてしまうので、花火大会が終わりに近づいたら、少し早めに切り上げて帰ったほうが良いです。

六甲山の展望台

あえて海から離れ、六甲山の展望台から花火を見下ろすという選択肢も。

花火は遠くなりますが、夜景の大パノラマと花火が一度に楽しめます。

六甲山には六甲ガーデンテラス、六甲山天覧台という展望スポットがありますが、どちらもレストラン、ショップ、ミュージアムなどが複数揃ったレジャースポット。

早めに六甲山に行き、六甲山からの展望や食事を楽しむ、贅沢な1日を過ごしてみては。カップルには素敵な場所かと思います。

日赤病院付近

全部の花火が見えなくても、混雑を避けるほうを優先したいなら、日赤病院付近。

一部の仕掛け花火などは見えませんが、打ち上げ花火はよく見え、混雑もたいしたことありません。

近くには関西スーパー、ライフ、大安市場があるので、食べ物・飲み物の買い出しにもOK。

まとめ

以上、みなとこうべ海上花火大会のおすすめ穴場スポットをお届けしました。

いろんな場所から見れて、それぞれに楽しみ方があるのも、みなとこうべ海上花火大会の魅力のひとつ。

ぜひ、自分だけのお気に入りスポットを見つけてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク