仁木町うまいもんじゃ祭りの口コミ:果物の町の収穫祭。子供が楽しめるイベントも沢山

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

仁木町うまいもんじゃ祭りの口コミ情報

スポンサーリンク

仁木町うまいもんじゃ祭りのおすすめ度

★★★★★

仁木町うまいもんじゃ祭りの感想

北海道の中でも果物の町として有名な仁木町で、毎年10月初旬に行なわれる収穫祭です。

仁木町で採れたりんごやぶどう、プルーンなどの果物や、かぼちゃやじゃがいも、とうもろこし、キャベツ、大根などの野菜、ジュースやジャムなどの加工品 が、とても安く売られていました。

地元で採れたトマトを使ったトマトジュースを購入しましたが、砂糖を入れていないのにとても甘くて、当時3歳の息子もゴクゴクと飲んでいました。

その他に、よさこいソーランのチームによる踊りや太鼓演奏があったり、ステージ上から、ブドウの皮を口から飛ばして飛んだ距離を競う「ぶどうの皮とばし大会」が行われたり、1枚100円で参加できるビンゴゲーム大会が行われていて、子どもも楽しんで参加しました。

大会の景品も、果物や特産品が箱単位でもら えたり、豪華で太っ腹な印象を受けました。

スポンサーリンク

これから仁木町うまいもんじゃ祭りに行く人へのアドバイス

会場は、「農村公園フルーツパークにき」というところで、少し小高い山の上にありました。

隣接した駐車場はあまり広くないので、少し離れたところに臨時駐車場がいくつか用意されていました。警備員がたくさん配置されているので、臨時駐車場から会場まで迷うことはありませんが、上り坂をのぼっていくので、ベビーカーや車いすの方は行きづらいと思います。

早めに行き、会場のすぐ隣の駐車場を利用することをお勧めします。

会場内には、温かいおでんや串焼きなども売られていて、おいしかったです。

(30代・女性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク