2018すすきの祭り、花魁道中の日程と花魁美女を写真で紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

すすきの祭り花魁道中の写真

夏のすすきのを盛り上げる、「すすきの祭り」!

すすきのを歩行者天国にして行われる、毎年恒例の夏祭りです。

このすすきの祭りで見逃せないのが、昭和59年から続いている花魁道中。

毎年公募で選ばれる2名の花魁「夢千代太夫」と「佳津乃太夫」が、約1時間半かけてすすきのの街を練り歩く、人気のイベントです。

花魁道中と聞けば、やっぱり気になるのは花魁のお姿。
すすきの花魁道中の日程や様子を、写真や動画満載で紹介しますよ~!

スポンサーリンク

すすきの祭りと花魁道中の日程

公式サイト

開催日程

日程:2018年8月2日(木)~8月4日(土)
時間:花魁道中は初日の20:00~21:30頃まで
※豊川稲荷(南7西4)からスタート

<過去の開催日程>
2017年8月3日(木)~8月5日(土)

すすきの祭り花魁道中を、写真と動画でチェック!

こちらは過去の花魁道中の一幕。

写真だけでも、なんともあでやかな雰囲気が伝わってきますよね。

すすきの祭り花魁道中の写真

すすきの祭り花魁道中の写真

すすきの祭り花魁道中を動画で予習

花魁道中の雰囲気をよりリアルに感じたい方は、こちらの動画もどうぞ。

花魁道中では、2名の花魁役の他、やはり公募で選ばれた新造(見習い遊女)役4名、可愛らしいお付きの子供である禿(かむろ)役の少女たちも登場します。

花魁役や新造役の美女たちの誇らしくもどこか初々しい表情、禿の少女たちの緊張した表情も素敵です。

とっても厚底の下駄で八の字を描くようにゆっくり歩く、花魁の独特の歩き方は「外八文字」と呼ばれます。

花魁役のおふたりは、この外八文字を練習して花魁道中に臨むんですよ。

あの高~い下駄を履いてのパフォーマンスは見た目以上に難しく、習得には数年かかるとも言われた、難易度の高い外八文字。

花魁役のおふたりの、練習の成果にも注目です!

スポンサーリンク

どうして、すすきので花魁道中…?

大人の遊び場として有名なすすきのではありますが、花魁と言えば吉原や京都が思い浮かぶ人のほうが多いはず。

どうして、すすきので花魁道中なのか、不思議に思う人もいるかもしれませんね。

実はすすきのは、もとは「薄野(すすきの)遊郭」と呼ばれる遊郭があった場所。北海道開拓使により遊郭地帯として指定された一帯が、現在のすすきのです。

北海道の開拓に従事する男性たちをつなぎ止めるために、30軒もの妓楼が軒を並べていたそうですよ。

華やかな遊女たちが行き交う様子は、すすきののルーツでもあるわけなんですね。

花魁道中のスタート地点である豊川稲荷は、薄野遊郭の遊女たちがお百度参りに足繁く通ったという場所で、身寄りのない遊女たちを弔う碑も建てられています。

そんな北海道の歴史の一端も感じられる、すすきの祭りの花魁道中。

夏のすすきのに行く時は、ぜひ体験してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク