しべつ雪まつりの口コミ:手作り感あふれる雪像に、ちょっと変わった国際雪はね選手権大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

しべつ雪まつりの口コミ情報

スポンサーリンク

しべつ雪まつりのおすすめ度

★★★★★

しべつ雪まつりの感想

地域にいる自衛隊や地元の青年会などによる大型雪像や、進出企業などによる小さな雪像など、豪雪地の典型的な地域型冬祭りです。

とても寒いエリアで、ほぼ毎日冷え込んでいるため、雪質がさらさら。
それを水と混ぜたノリのような状態にして、作っていく雪像です。

さっぽろ雪まつりあたりに比べても寒すぎるので「雪の白さがチガウ」と古くから評判です。

士別と言えば、ヒツジとジャンプと思っている方も多いのですが、実はそれ以外に、特殊競技(といってもこのお祭りの為にだけ開発されたような、道内では各放送局がニュースで取り上げるネタ)「国際雪はね選手権大会」というものがあります。

そんなよくわからない、おそらく日本でここだけかもしれない国際大会を含む、自治体系の雪祭りが「しべつ雪まつり」です。

北海道は寒冷地が多く、融雪溝などが整備されている街が少ないのですが、ここは寒い上、積雪量が多いにもかかわらず溝があります。

普通の雨水ますのようなと ころに川の水を引き込んで、天然水による「雪を溶かして川に流してしまう」というシステムです。
そうとう先進的で、道内各地のお年寄りやお父さんを中心に、お手軽さからとてもうらやましがられています。

ですが、雪はね、あるいは除雪という作業は、毎年継続的に行っていなければ、その効率の良い方法すら忘れてしまいがちです。

そんな雪はねを、楽しくばかばかしく、かつ真面目に継承する「国際雪はね選手権大会」を中心として、そのほかにも雪国ならではの「雪上少年サッカー大会」 (これも取材が多いです)、や道北エリアでは貴重な冬空の花火、市民や市内の店舗によるフリーマーケット、抽選会など、観光客も地元の人にも魅力的なおまつりです。

雪像は手作り感が高く、かなりのデフォルメぶりを味わえるものなどもあり、市民にとっては、外に出るのが億劫な季節を、誰かと楽しく、その製作過程から楽しめるといった意味合いも高いお祭りです。

昔は自衛隊員が結構いたので、大型雪像づくりなどをやってくれていたりしました(最近はわかりません)。

スポンサーリンク

しべつ雪まつりへの交通アクセス

最寄駅や高速バス以降は、ほぼ自家用車です。
市街地がそこそこ広いので、ハイヤーを呼ぶのは料金的にも台数的にもきついです。

これからしべつ雪まつりに行く人へのアドバイス

このエリアの景勝地と言えば天塩川ですが、ちなみにその融雪溝の水が天塩川です。
鮭も上る川で、水質がとても高く、流域では羆なども普通に見られます。

比較的まわりに排煙などのある工場が無いため、雪が綺麗で、そのまま食べられるんじゃないかと思う程です。
ふわふわなので、おもいっきり雪にDIVEする人などもあります。

特別有名なスキー場というのは無く、近隣の街にはジャンプの施設を揃えたところなどは多いわけですが、雪質が高いので、行ったらついでに滑ってみるのがおススメです。

加 えて、生肉の羊肉各部位が楽しめる、道内でも稀少なエリアでもあり(普通各地では、マトンやラムのロール、骨付き以外はだいたい冷凍など)行ったらぜひ楽しんでおきたいトコロです。

各部位を楽しみたいなら、事前にお店を調べて、屠殺の日などを確認しておく必要があるタイプです。
(地方ですから)

(40代・女性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク