石狩さけまつりの口コミ:鮭料理に特産品、丸1日たっぷり魚介に親しめる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

石狩さけまつりの口コミ情報

スポンサーリンク

石狩さけまつりのおすすめ度

★★★★☆

石狩さけまつりの感想

全国ニュースでもたまに報道されている、鮭のちゃんちゃんやきなどが浜辺でふるまわれるお祭りです。

札幌市からも近い、新港ゾーン隣接で現在は道路も整備されており、ずいぶんと会場にも車で近づきやすくなりました。

それでも、車両が無いとほぼお出かけ不可というお祭りなので、レンタカーや自家用車必須です。
(公共温泉の浜に面した「石狩の湯」の目の前ですが、最寄りのバス停から5分以上は歩きます)

「鮭の故郷」としてもおそらく全国でもっとも知られているだろう石狩市での超大型イベントで、昭和31年に始まりました。

現在では2日で約8万人の人が押し寄せます。
鮭と人の数では、現在はまだ、鮭の方が勝っていますが、かなりの規模です。

料理や地場産品の料理ふるまいのほかに、魚種が豊富な石狩の前浜で獲れた格安な生鮭販売もあり、また近隣道路沿いスーパーなどでは、いかやその他の産品も。
丸一日たっぷり魚介に親しめます。

昨年は、 平成27年9月26日(土)~27日(日) の開催でした。

ちゃんちゃんやきは、行く時間をしっかり見極めないと、具が少ないとかいった感想も、行った人たちや職場の人からはたまに見られます。
その分☆マイナス1つ。

スポンサーリンク

これから石狩さけまつりに行く人へのアドバイス

バスで行くのはほぼ困難、なんといっても石狩や札幌市北部住民はバスの人もいて、かなりこみます。

駐車場もその後の道路も非常に混むのですが、早い時間にでかけて腹ごしらえと買い物を済ませた後は、温泉で風景など楽しみつつのんびり。

そして道路が空いていたら札幌方面から帰宅、難しければ当別町側に抜けてドライブがてら、更に楽しいお店や温泉探し、といったあたりの1日じっくりかけた行楽コースがおススメです。

札幌市内に戻りたいなら、当別側から少し回り道をして、江別方面に向かって帰れば夕方でも比較的流れがよかったです。

(40代・女性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク