2018松山市の土曜夜市の開催日程!オススメ屋台と混雑状況も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

松山夜市

愛媛県では毎年夏になると、土曜に夜市を開くという習慣があります。

他県ではあまりないのでは?

その中でも最も大きい松山市の「土曜夜市」を紹介します。

来場者数は1日あたり5万〜8万人で、屋台の数はなんと230を超えるほどの大きなイベント。

毎年6月下旬〜8月上旬の土曜に開催されます。

スポンサーリンク

松山市の土曜夜市の開催日程と場所

公式サイト

開催期間

2018年6月23日(土)〜8月4日(土)※毎週土曜日のみ開催。

毎年6月下旬〜8月上旬の毎週土曜に開催(計7回)。

昼過ぎ(または夕方)〜21時まで行っており、雨天でも決行します。

※開催期間は、松山の市街地を活性化するのにご尽力頂いている担当者様よりご連絡いただきました。有難うございますm(_ _)m

開催場所

愛媛県松山市 まつちかタウン・大街道・銀天街

松山市の土曜夜市の楽しみ方と見どころ

まず押さえておきたいのが、松山市の商店街はすごく大きいということ。

全長483メートルの「大街道」と、全長600メートルの「銀天街」、さらに「ロープウェー商店街」が繋がっています。

また銀天街の地下には、「まつちかタウン」という地下街も。

そんな松山市の商店街で行われる夜市だから、屋台の数も種類も凄いことになるわけです。

屋台で賑わう松山市の夜市

松山市では、イベント以外では屋台を出すことが禁止されています。

でもこの土曜夜市では、銀天街~大街道まで屋台がずらり。いったい何処に仕舞っておいたんだろうと思うほど。

大街道の先のロープウェイ商店街にもちょこちょこ屋台が出てます。

屋台の数は全部で230を超えるとのこと。

信じられない数ですね。

屋台の種類はグルメ、スイーツ、おもちゃなど。普通のお祭りの屋台と変わらないように見えますが、実はとっても意外な屋台があります。

こんな珍しい屋台あります

 

去年までの情報なので、今年も出ているとは限らないのですが。

松山市にはひよこ釣りの屋台があります。これは他県ではあまり見られないのではないでしょうか?

釣れたらもちろん、ひよこが手に入りますよ。

とっても可愛いのですが、連れて帰った後どうしましょうね。育てると鶏になっちゃうんですよね。

と思ってチャンレンジ出来ませんでした。でもほんと可愛いですよ。

もうひとつ、昔懐かしのお化け屋敷の屋台が出ていることも。私は苦手なので近寄りませんでしたが、よく親子連れが並んでいましたよ。

※残念ながら、2018年は“お化け屋敷”の出店がないそうです。

焼き豚たまご飯と唐揚げ

本年度も出店を楽しみにしているのですが。

愛媛県のソフルフードでB級グルメの「焼き豚たまご飯」の屋台も。

「焼き豚たまご飯」は名前のとおり、焼豚と半熟の卵後焼きが、御飯の上にのっているシンプルな丼。

焼豚の味はお店によって違うんですが、甘辛ダレが個人的には好きです。

噂通り病みつきになるほど美味しいので、ぜひ食べてみてください。

それと、唐揚げの屋台がやたらと多いのも特徴です。

どこのお店のものも同じように見えますが、屋台によって味が全く違います。唐揚げの屋台だけを狙って、屋台を巡るのも楽しいと思いますよ。

私は3店ぐらい巡りましたが、どれも味に違いがありました。3店目にして好みの味に出会えましたので、唐揚げを食べるときは、ぜひ吟味してみてください。

地元民の情報だと、閉店が近づくにつれて屋台のおじさんが値引きしてくれるらしいです。

浴衣姿の女性が目立ちます

夏のイベントといえば浴衣ですね。

夜市には浴衣姿の女性がたくさん来ています。

私がざっと眺めた感じですと、夜市に来ている女性の半分以上が浴衣。これだけ見ても華やかなイベントだなと思います。

しかしながら、男性の服装は私服が多いです。浴衣好きな私としては、男性にも頑張ってもらいたいのですが。

その他、ダンスやパフォーマンスなどのイベントも同時に開催されていますので、横目で見て行きましょう。

スポンサーリンク

松山市の土曜夜市の混雑状況

土曜夜市の人混みは、予想を超えるくらい混みあっています。

どこに行っても人だらけなので、とにかく歩きにくいです。

都会の混雑と比べれば対したことないのかも知れませんが、ここは松山市。普段こんなに混むことはないので、人の多さにビックリします。

屋台の前には、人が並んでいることが多いです。

松山市の土曜夜市へのアクセス情報

電車の場合

伊予鉄道「松山駅」から徒歩約1分

車の場合

銀天街~大街道の周りに駐車場がたくさんあります。

原動機付自転車の場合には、無料駐輪場があります。

松山市の土曜夜市に初めて行く人へ

夜になっても気温が高く、かなり暑いです。

それに加えて夜市は人口密度が高く、とても蒸し熱くなります。

ですので、もし涼しさを優先するなら、ワンピースが良いかなと。もちろん浴衣が姿が一番好きなんですが、結構暑いですよ。

また、銀天街~大街道の道のりは意外と距離がありますので、慣れていないと浴衣の下駄で歩くのは結構しんどいなと思いました。

夜市を訪れる人達の年齢層は、意外ですが中学生が多いような気も。もちろん小さい子供からお年寄りまで、いろいろな世代の人が通行しています。

まとめ

松山市の夜市で一番良く見かけるお店は、かき氷です。

かき氷は100円から売っていますが、贅沢なものになると300円、500円となります。

すぐに涼みたかったので100円のものを食べましたが、あとからフルーツの実が乗っているかき氷を見つけて、ちょっと後悔しました。

冷たいものを食べたいときは、良く検討してください。

ちなみに、さらに「みかんソフト」なる、みかんのソフトクリームを発見。コレ以上食べたらお腹を壊しそうだったので、断念しました。次はコレを食べたいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク