東京名物神田古本まつりの口コミ:100万冊が並ぶ青空市が見どころ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

東京名物神田古本まつりの口コミ情報

スポンサーリンク

東京名物神田古本まつりのおすすめ度

★★★★★

東京名物神田古本まつりの感想

この神田古本まつりは、東京名物と呼ばれるほど大きなイベントで、今年(2016年)で57回目を迎えます。

一番の見どころは、500mほどの通りに 100万冊以上の専門書や小説などが立ち並ぶ「青空市」です。

読書の秋に本を読みますが、神田古本まつりで本を眺めるのも楽しみの一つです。

通りではチャリティーオークションなどのイベントもやっていて、毎年大変な賑わいになっています。

スポンサーリンク

これから東京名物神田古本まつりに行く人へのアドバイス

この神田古本まつりでは、とにかく古本がたくさんあります。
小説から専門書、写真集や海外の本までと、その種類は豊富です。

ふらっと行った衝動で本を何冊 も購入してしまうと、車の人はいいですが電車やバスの人は持って帰るのが大変です。

もし衝動買いをしてしまう人は、キャリーを持って行ったほうが絶対にいいです。

参考までに私がやっている方法は、普段から欲しい本や気になった本の題名を、スマートフォンのメモに書き残しておきます。そしてこのイベントの時に探し歩いています。

小説なんかは近所の大型古本屋で購入しますが、廃版になった昔の専門書などがあった時には感動ものですが、年々人が増えているようで とにかく人が多いです。

本という特性上、立ち読みをしている人が多いので、多少は図々しいくらいでないと、本を探すのに骨を折ります。

(40代・女性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク