Fukuoka東区花火大会の口コミ:夏の終わりの花火大会。打ち上げ場所間近で観覧できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Fukuoka東区花火大会の口コミ情報

スポンサーリンク

Fukuoka東区花火大会のおすすめ度

★★★★★

Fukuoka東区花火大会の感想

私が初めて行ったのは3歳の頃です。

1991年にスタートした東区花火大会は、2016年で26回目を迎えます。
開始当初は7月末に行われていましたが、途中から9月初旬に変更となりました。

他の地域の花火大会に比べ時期が遅く、私にとっては夏の終わりを感じられる催しの一つになっています。

9月にもなると、夜は涼やかな海風が吹き、とても過ごしやすいです。
出店が多く立ち並び、焼き鳥やかき氷、ビールなどを片手に花火を見ている方が多くいらっしゃいます。

浜辺に座って見るのも良し!
歩行者天国になっている道路上で見るのも良し!

打ち上げ場所からすぐの場所で花火を見ることができるので、会場周辺であれば、どこからでも間近に感じられます。

また、会場の横に香椎浜のイオンモールがあるので、始まるまでの間涼んだり、若い子であれば浴衣でプリクラを撮るなど、カップルや女の子同士でも楽しむことができます。

西鉄香椎駅、JR香椎駅から徒歩15分ほどかかりますが、当日は人の流れができているので、流れに沿って進んで行けば、会場までの道のりは大丈夫です。

スポンサーリンク

これからFukuoka東区花火大会に行く人へのアドバイス

終了後の電車はかなり混みます。
最寄りの駅の特設窓口で帰りの切符を販売しているので、事前に購入しておくことをおすすめします。

会場横にイオンモールがありますが、そこに駐車する方が多いです。
終了後、駐車場から出られず、立ち往生することがありますので、公共交通機関でのご来場をおすすめします。

仮設のお手洗いが準備されていますが、清潔さを重視される方にとっては、満足のいくものではないかもしれません。
イオンモール内のお手洗いは、行列になっていることもあるので、可能であれば事前に済ませておいた方がいいです。

(20代・女性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スポンサーリンク